店頭でも利用する

店舗を持つ企業であれば店頭でも動画広告を流すことが出来ます。映像を見ていなくても音の情報は消費者に届き、印象を残す事が出来るでしょう。また子供などは映像を無意識に見てしまうことがあるので家族連れには効果的です。

動画広告の特徴

メンズ

記憶に残りやすい

YouTube広告などの動画広告は顧客や消費者に関心を持たれやすいです。音と映像による印象は記憶に残りやすくなるため、ふと街中で企業のサービスや商品を目にするとフラッシュバックしてさらに強い印象を与えるのです。

戦略が立てやすい

動画広告にストーリーを持たせたり、ユニークさを取り入れれば人気が出てきます。紙媒体では出来ないことが動画広告で可能になるので、うまく利用して効果的な広告を作成しましょう。

成功報酬型が多い

YouTube広告を例にしますが、動画広告を全て見終わるまで料金が発生しないことが多いです。そのため広告を出しているからといって料金がかかり続ける訳ではないのです。業者によって異なるので調べてみるといいでしょう。

消費者の嗜好に合わせやすい

動画広告は消費者が関心を持っているサービスや商品に関連付けて広告を出すことが出来ます。消費者の行動や嗜好をデータ集計すれば、効率良く顧客の獲得や売上向上が可能になるのです。

嫌な印象を与えずに済む

動画広告のデメリットである最後まで動画を見なければいけない、という部分をYouTube広告ではスキップという方法で解消しています。企業側としては見てもらいたい気持ちはありますが、消費者に良い印象を与えるためにもスキップ機能は重要なのです。

広告募集中