youtube広告の種類

女の人

便利なスキップ機能搭載

youtube広告の種類はいくつかあります。その中でもよく利用されているのがスキップ機能が搭載されている種類の広告です。これは企業に興味のない方へ悪い印象を与えないようにするための取り組みとなっています。

検索結果に表示させる

youtubeの検索結果の上部に広告を載せる方法もあります。このタイプの広告では利用者が選択することができるため、質の高い顧客確保に役立つでしょう。また選択後視聴された場合に課金されるので企業側に優しいシステムです。

関連動画で広告

動画に夢中になっていても関連動画の項目に広告を表示させておくことで必ず目につくようになっている広告です。これなら動画の邪魔をせずに広告としての役割を果たしているので消費者と企業側で互いの利益になるでしょう。

視聴する端末で変わる

スマートフォンからyoutubeを視聴する場合には邪魔にならないように表示させ、タブレットやパソコンであれば大きく表示させる広告があります。この広告の場合は広告の幅も大きいので一日一社のみという限定があります。

youtube広告で成功した企業の口コミ

イベントに合わせて利用

広告を出すタイミングをイベントに合わせて利用しました。告知の強化に繋がり集客率も高かったです。今までの広告で一番効果があったと感じています。

ターゲットを絞って

利用して欲しいターゲットを絞りこみ実施しました。始めは視聴率も少なかったですが、企画提案などを重ねるごとに視聴率も伸びていき、現状100パーセントまで達することができています。

配信回数と幅を広げて

広告の配信の回数や流す動画の幅を広げることでかなりの視聴率を獲得できました。また消費者アンケート結果ではyoutube広告で知った、という回答が多く効果も実感しています。

自社で動画作成をしていたが

動画作成を自社で行なっていたが成果を上げることが出来ず、業者に依頼しました。同じ内容にも関わらず映像の作りや構成は自社のものとは格段に質が違い、成果も以前と比べて2倍以上の結果でした。

売上が15パーセントアップ

youtube広告を始めてから扱っている製品の売上が15パーセントほど上がりました。このパーセンテージなら広告費として払っても利益が大きく、戦略的には成功と言えます。

広告募集中